休暇を利用したシステムエンジニアの親睦会

ソフトウェア開発では、チームワークが重要です。ソフトウェア開発に多くの開発人員が必要となり、多くの開発技術者が一つのソフトウェア開発のために関わっています。

開発チームのチームワークを良好に保つためには、開発スタッフ同士の交流が欠かせません。仕事上のやり取りはもちろんのこと、エンジニアという枠を超えて互いに交流ができる機会を設けることもまた重要です。そのため休みの過ごし方としては、開発チームのメンバーが集まって互いに進行を深め合う活動を行うというのもチームワークを有効にするひとつの方法です。

同じ職場で働いているとはいえ、互いにまだ知らないことは多くあります。会社の開発ルームは、プライベートなことをあまり打ち明ける雰囲気ではありません。しかし、休日を利用して交流の機会を持つことにより、システムエンジニアあるあるなど、仕事上の体験や愚痴などを気軽に話すことができます。

システム開発の仕事は、納期間近にスケジュールが厳しくなってしまい、精神的や丹肉体的な負担が大きくなりがちです。
スケジュールに余裕がある間に、開発チームのスタッフが親交を深められるチャンスを確保しておけば、仕事が厳しくなったとしても強い結束を持って、開発プロジェクトを完遂できます。開発チームのリーダーやマネージャーが、率先して休みを利用した交流の機会を設けることで、あるあるネタなどを打ち明けられるほどのチーム内の良好な関係を引き続いて維持していけます。

激務と言われるシステムエンジニアですが、さまざまな方法を試すことでエンジニアライフをやりがいあるものへ変えることが可能となります。いつしか天職だと思える仕事になるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です