システムエンジニアの顧客と接する心構え

システムエンジニアは、仕事上クライアントと接することがよくあります。クライアントとの打ち合わせから、依頼された業務システムの開発条件が分かってきます。システム開発の仕事では、いかにクライアントと折り合いをつけて開発を進めていくかが重要な要素となります。

システム開発の業界のあるある情報でよく知られるのが、開発途中でのクライアントから要求です。仕様変更や新規機能の追加など、クライアントから新たに条件が求められることがよくあります。この業界でよく聞かれるような、あるある問題に対して、システムエンジニアは時にはクライアントに対してもNOと言える心構えが必要です。

システムエンジニアにとって、クライアントからの要望をシステム開発に反映させることは、重要な仕事の一つです。しかし、それがシステム開発にとって深刻な問題をもたらすようであれば、専門家としての見地から正しい意見をクライアントに述べる必要があります。突然のシステム開発の方針変更は、その後のシステム運用において大きなトラブルを引き起こす要因にもなりかねません。

業務システムの運用中のトラブルは、クライアントにも損失を与えかねないことから、事前に予防を心がけなければなりません。もし、開発途中でのクライアントの要求が、クライアントにとっても不利益となるような事柄である場合には、説得して新たな提案を行う心構えを持つことがプロとして大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です