システムエンジニア特有の日常あるある

仕事は、自身の適正にあったものを選ぶことが、長く続けるためのコツです。

特に興味がある仕事を選ぶことで、やりがいをもって続ける事ができます。コンピューターに強い興味を持っている人が仕事を選ぶとすれば、プログラマーやシステムエンジニアが適しています。

コンピューターシステム開発の仕事にメリットがあるとすれば、それはコンピューター機器に触れながら仕事ができるという点です。職場によっては、一般では関わることが出来ないような大きなコンピューター機器を使って、ダイナミックな仕事ができます。

常にコンピューターと触れて仕事をしていることが特徴のシステムエンジニアにとって、よく起こるようなあるある現象としては、日常生活の中でもコンピューター技術を応用して省力化ができないかと考える点です。仕事上だけでなく、毎日の生活の中でも無駄に思える事柄が多く存在します。

システム開発のエンジニアとして仕事を続けていると、つい毎日の生活の中でも、無駄を省くことに注意が向きます。こうして仕事のみならず普段の生活もまた、工夫を凝らして効率化しようとする点にメリットがあります。システムエンジニアたちが交流していると、こうした日常生活にも普段のコンピューター開発の仕事の癖がでてくることに、あるあると同意する事がよくあります。

システム開発の仕事に従事しているうちに、物事を分析して整理するという考え方が自然と身についているのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です